コンテンツにスキップする

米下院、メディア所有規制緩和の阻止案を可決-大統領拒否権を検討も

共和党が過半数を占める米下院は23日、米 CBSやフォックスなど米テレビネットワークが、地方放送局の買収を増やす ことを可能にする米連邦通信委員会(FCC)のメディア所有規制緩和案を阻 止する案を賛成400、反対21で可決した。

規制緩和案は、テレビネットワークが一定地域で占有できる視聴者数の割 合の上限を、現行の35%から45%に引き上げる案で、共和党が過半数を占める FCCが先月承認した。

規制緩和案を支持している米政府は22日、同案を阻止する案を上院が可決 する場合に、ブッシュ政権発足以降初めてとなる大統領拒否権の発動を検討す る方針を明らかにしている。上院での採決の日取りは未定。

ワシントン Neil Roland、Laura Smitherman 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

NWS US <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE