コンテンツにスキップする

KDDI:ドコモやJ-フォンより安価に-秋の高速データサービス

移動体通信国内2位のKDDIは、今秋導 入予定の高速通信方式「CDMA2000 1x EV-DO」について、ライバル のNTTドコモやJ-フォンよりもパケット(データ)通信料を低く設定する。 安価な料金体系により利用を促し、全体の収入向上に結びつける。

KDDIの高橋誠・執行役員が、移動体通信の会議「ワイヤレスジャパン 2003」(東京ビッグサイトで開催)で語った。高橋執行役員は、携帯電話の 利用者はデータ通信料が高いと認識しており、料金を下げれば通信量が増えて 結果的には収益も拡大すると現状を分析した。

このためデータ通信速度が飛躍的に増加するCDMA2000 1x EV-D Oについては、現在のCDMA2000 1xのほか、「ドコモやJ-フォンよりも 安いパケット料金にする」と述べ、低価格を打ち出して利用量拡大を目指す意 向を表明した。CDMA2000 1xのデータ通信速度は最大で144kbpsなのに対 し、CDMA2000 1x EV-DOでは最大で2.4Mbps(1Mは1000 kbps)の 速度を出せる。

また、携帯電話の音声案内に従って人が歩きながら目的地までたどりつけ る「人(マン)ナビ」について、ドコモとは違い、注力する姿勢を示した。ド コモの立川敬二社長は17日のこの会議で、人ナビは需要が少なくどちらかと言 えばカーナビに力を入れると述べていた。これに対してKDDIは「調査の結 果、人ナビは重要とユーザーは言っている」として、人ナビに積極的に取り組 む。

KDDIの株価終値は、前日比4000円(0.8%)高の50万7000円。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE