コンテンツにスキップする

【個別銘柄】:ヤフー、リコー、キトー、黒田電、ドワンゴ、クラレ

主な売買銘柄の終値は次の通り。

ヤフー(4689):14万円(7.3%)高の205万円と200万円台を回復。4 -6月期の純利益が前年比2倍以上に拡大したことが評価されたほか、東証へ の上場申請を受け、TOPIX連動の運用を目指す機関投資家からの買いに期 待感が広がった。

リコー(7752):40円(2.0%)安の1980円。一時、1973円まで下落。今 期の連結純利益が会社計画を上回るとの一部報道があったが、会社計画は低す ぎるとの見方が広がっていただけに、買い材料視されなかった。携帯電話生産 最大手ノキアの減収懸念などで、前日の米ハイテク株安もマイナス要因。

キトー(6409):27円(11%)高の267円と大幅高。米カーライル・グル ープが、株式の公開買い付け(TOB)を実施して完全子会社化すると表明。 買い付け価格の270円にさや寄せする格好となった。

黒田電気(7517):120円(4.4%)安の2635円。液晶用部品メーカーの 買収資金を公募増資で調達すると発表し、1株当たり利益の希薄化や需給悪化 を懸念する売りが増えた。

クラレ(3405):12円(1.4%)高の842円。一時、849円を付け、年初来 高値を更新した。ポバール、エバールなどの戦略樹脂商品の好調に加え、大型 表示装置用の「オプトスクリーン」の伸長で、安定的に収益が拡大するとみら れた。

千趣会(8165):70円(8.3%)高の910円。原価率の低減と販管費の抑 制で、今期の連結経常利益見通しを期初計画から32%上方修正したことが好感 された。

ドワンゴ(3715):50万円(15%)高の381万円とストップ高(制限値幅 いっぱいの上昇)。前日に東証マザーズに新規上場。会員数の増加やプロデュ ース、プロモーション能力の高さなどへの評価が続いた。

東京製鉄(5423):41円(8.9%)高の503円と、終値ベースでは4日ぶ りに500円台を回復。鉄鋼製品価格の上昇を背景に、中間期決算の好業績期待 が続いた。

伊藤忠商事(8001):11円(3.7%)高の310円と反発。石油資源開発と 同社は18日までに、サハリン島北東部における石油・天然ガス開発プロジェク ト「サハリン1」への出資比率を引き上げる方針を固めた。

ニコン(7731):5円(0.5%)高の1128円と反発。デジタルカメラに搭 載する新型画像センサー「LBCAST」を開発した。

東京 後山 哲三 Tetsuzo Ushiroyama --* (03)3201-8863 tushiroyama@bloomberg.net Editor:inkyo

ヤフー 4689 JP <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE