コンテンツにスキップする

新電電5社:総務省を提訴、NTT接続料金引き上げの撤回請求(2)

KDDI、日本テレコムなどの新電電5社 は17日、総務省を相手取り行政訴訟に踏み切ったと発表した。NTTに支払う 接続料金の引き上げを認めたのは不当として、総務省提訴で各社が足並みをそ ろえた。訴訟で各社は認可の取り消しを求めている。

総務省を訴えた5社はKDDI、日本テレコムのほか、パワードコム、ケ ーブル・アンド・ワイヤレスIDC(C&WIDC)とフュージョン・コミュ ニケーションズ。各社が個別に東京地裁に提訴した。通信各社が監督官庁の総 務省を訴えるのは異例。

各社は訴状で、NTTの接続料引き上げは従来の競争政策に反し、利用者 料金の引き上げにもつながりかねないと強調、さらに十分な議論もなく不透明 な手続きで決められたと指摘している。

具体的には、1)接続料引き上げの過程で必要な意見募集(パブリックコ メント)をしなかった、2)電気通信事業法に規定されていない清算制度を導 入した――など5つの争点を挙げた。KDDIの小野寺正社長は記者会見で、 裁判について「勝算は十分にある」と自信を示した。

新電電は、家庭まで張り巡らされているNTTの回線を借りて自社のネッ トワークを構築している。このNTT回線を利用する際に払う接続料金につい て、平均5%引き上げるというNTTの申請を総務省が認め、4月から適用さ れている。

アイエヌジー証券の早川仁アナリストはこの訴訟について、通信料が減れ ば接続料がさらに上がる仕組みで、この場合の新電電の収益への影響は大きい と予想した。そのうえで「訴訟はある意味時間稼ぎで、この間に収益構造を電 話からインターネットに移行して電話依存を変えるとも読める」と新電電側の 背景を指摘した。

NTTの株価終値は前日比2万3000円(4.4%)安の49万6000円。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno

竹井 美希 Miki Takei

君塚 靖 Yasushi Kimizuka --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE