コンテンツにスキップする

ソフトバンク株が連日上昇:米ヤフーが同業他社を買収-売買代金首位

ADSL(非対称デジタル加入者線)国内 2位ソフトバンクの株価が連日で上昇、一時前日比で8%以上高くなっている。 投資先の米ヤフーが同業のオーバーチャー・サービシズを買収することが前日 に明らかになり、収益拡大期待から個人投資家の取引が活発になっている。

株価は一時、前日比260円(8.1%)高の3460円まで上げ、前日の大幅高 (11%上昇)に続いて買い注文が先行している。午前10時半現在で同190円 (5.9%)高の3390円で取引が進んでいる。売買代金は298億円と東証一部ト ップ。

市場はソフトバンク株の上昇について「オーバーチャー買収で米ヤフーは 利益率の高い広告事業を取り込むことが可能になり、日本のヤフーやソフトバ ンクの収益に寄与する可能性がある。値動きのよさから個人の資金流入が続い ている」(曽根基春・UFJつばさ証券アナリスト)とみている。

米ヤフーは14日(米国時間)、オーバーチャーを16億3000万ドルで買収 すると発表した。

ソフトバンク子会社、日本のヤフーの株価も上昇、一時前日比9万円 (4.4%)高の212万円まで上げた。ヤフー株上昇はソフトバンクの株式含み益 増加を通じて同社の株価押し上げ要因にもなる。ソフトバンク・テクノロジー、 ソフトバンク・インベストメントといった他のグループ企業の株価も高い。

ADSL加入者数(6月末)はソフトバンクが282万人と単独企業として は国内でトップ。続いてNTT東日本が171万人、NTT西日本が135万人。 NTTグループとしては307万人になり、ソフトバンクを上回る。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor:Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE