コンテンツにスキップする

日本テレコム:米リップルへの固定通信事業売却交渉、1カ月後メド

携帯電話世界最大手、英ボーダフォン傘下の日 本テレコムホールディングスは14日、米投資会社リップルウッド・ホールディングス への固定通信事業売却交渉について、約1カ月後をメドに何らかの決定を下す予定だと の見通しを改めて発表した。

12日付の日本経済新聞朝刊は、ボーダフォンは日本テレコム株をリップルウッド に2620億円で売却することで最終合意し、7月末に正式発表すると報じた。それによ ると、リップルは日本テレコム株前株を買い取ったうえで、米モトローラ元副社長ら4 人を取締役として派遣する方針。日本テレコムのウィリアム・モロー現社長は続投する という。

モロー社長はこれまで、固定通信部門を今月中に売却する意向を明らかにしてお り、リップルとの交渉も認めていた。この日の発表は「リップルウッド社と固定通信事 業の売却についての可能性を話し合っていることは事実だが、現時点では何も決まって いない」としている。

東京 鈴木 恭子 Kyoko Suzuki --* (03)3201-8868 ksuzuki3@bloomberg.net Editor:Okubo

企業ニュース: JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE