コンテンツにスキップする

ムーディーズ:たばこ会社格付け、格安ブランドの普及が打撃に-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャーナル(オ ンライン版)は11日、米アルトリア・グループ、R.J.レイノルズ・タバコ・ ホールディングス、ロウズ、英BATなどのたばこ会社の格付けが、競合会社 の格安製品の販売攻勢により打撃を受ける見通しだと伝えた。米大手格付け会 社ムーディーズ・インベスターズ・サービスがこの日発表する報告書の内容と して報じた。

報告書によると、格安ブランドの人気は高まる見込み。現在の市場シェア は推定10%と、1997年の2.5%から急拡大したとみられる。ムーディーズは、 たばこメーカーの格下げ要因となってきた製品価格の下押し圧力や訴訟のリス クは今後も後退することはないとみている。新たな格下げには言及していない という。

米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は先月、R. J.レイノルズについて、収益低下や格安ブランドとの競争激化、訴訟リスク の増大を理由に、長期発行体格付けを投資不適格級の「BB+」と、これまで の「BBB-」から引き下げている。

ウェリントン Jonathan Underhill 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE