コンテンツにスキップする

米サウスカロライナ州の男性、2003年のウエストナイル熱患者第1号に

米疾病対策センター(CDC)と米サウスカ ロライナ州衛生当局は8日、同州の男性がウエストナイル熱に感染していたと 発表した。米国内で2003年初の感染例となる。

州衛生当局の広報担当者ボートライト氏によると、同男性はすでに回復し ており、地元で感染した可能性が高い。同氏はブルームバーグ・ニュースのイ ンタビューで、「この男性は最近、州外へ出かけたことがないため、サウスカロ ライナ州の蚊が感染源であることはほぼ確実だ」と述べた。

CDCによると、2002年には4000人以上の感染が報告され、300人余りが 死亡している。研究者は、2003年にはさらに大規模な流行を予想している。

ボストン John Lauerman 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面: ウエストナイル熱関連情報

http://www.cdc.gov/ncidod/dvbid/westnile/index.htm

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE