コンテンツにスキップする

米経済ダイジェスト:バイアコム、アストラゼネカ、アクイラ、KFC

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎バイアコム、映画監督のリー氏と和解-「スパイクTV」の名称めぐる訴訟

米メディア3位のバイアコムが同社のチャンネル「TNNネットワーク」 を「スパイクTV」に変更する計画を阻止するため、米映画監督スパイク・リ ー氏が起こしていた訴訟で、リー氏側の弁護士が7日、バイアコムとの間に和 解が成立したことを明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎アストラゼネカ:「クレストール」に腎臓疾患の副作用も-FDA職員ら

英製薬大手アストラゼネカが米食品医薬品局(FDA)に認可を申請して いるコレステロール降下剤「クレストール」は、腎臓疾患の副作用リスクを解 消する必要があるかもしれないことが、FDA職員が作成した資料や複数のア ナリストの話で7日までに分かった。

----------------------------------------------------------------------- ◎アクイラ、カルパインとの合弁企業が融資320億円でデフォルト

米7州で電力会社を運営している米アクイラは7日、ミズーリ州に発電所 を建設する計画の資金調達のため同業の米カルパインと設立した合弁企業が、 2億7000万ドル(約320億円)の融資でデフォルト(債務不履行)に陥ったこ とを明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎ウェンディーズ、4-6月期は減益の見込み-通期見通しを下方修正

米ハンバーガー店チェーン3位のウェンディーズ・インターナショナルは 7日、第2四半期(4-6月)の業績について、適用される州税の税率が高く なったことを理由に、1株利益が53セントに減少する見通しであることを明ら かにした。同社はまた、ことし通期の利益見通しを下方修正した。下方修正は ことし2回目。

----------------------------------------------------------------------- ◎ヤム・ブランズ傘下のKFCを提訴-動物愛護団体

米ヤム・ブランズ傘下のファーストフード店チェーン「KFC」は、商品 の原料となるチキンの扱いについて、誤解を招く発表をしたとして、動物愛護 団体が7日、同社を相手取り、ロサンゼルスの裁判所に訴えを起こした

----------------------------------------------------------------------- ◎企業の最高情報責任者、IT投資の見通しを上方修正-ゴールドマン調べ

企業の情報技術(IT)投資を監督する立場にある最高情報責任者(CI O)が、IT投資の見通しを上方修正したことが、米大手証券ゴールドマン・ サックス・グループが7日発表した調査結果で分かった。4月時点では前年比

3.2%の減少が見込まれていたことしのIT投資見通しは、ほぼ横ばいに引き上 げられた。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE