コンテンツにスキップする

米国株【個別銘柄】:アメックス、インテル、マイクロソフト

7日の主な銘柄は以下の通り。

アメリカン・エキスプレス(AXP):1.30ドル(3.1%)高の43.57ドル。 カード発行を手がける金融・旅行サービス大手アメリカン・エキスプレス(アメ ックス)は、米司法省がクレジットカード大手、ビザUSA(4824Z)とマ スターカード・インターナショナル(4823Z)に対して起こした訴訟で、恩 恵を受ける可能性があると、7日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルがコ ラムで伝えた。

インテル(INTC):1.19ドル(5.5%)高の22.91ドル。半導体最大手 インテルは、ゴールドマン・サックスによる調査で、2003年の情報技術(I T)投資が前年比ほぼ横ばいになるとの見通しが示されたことが好感された。4 月時点の調査では前年比減が見込まれていた。

マイクロソフト(MSFT):97セント(3.7%)高の27.42ドル。パソコ ンソフト最大手マイクロソフトは今月中にも増配する可能性があると、一部の投 資家はみている。また7日付の英紙フィナンシャル・タイムズが姉妹紙、仏レゼ コーの内容として伝えたところでは、現金460億ドル(約5兆4300億円)の恩 恵を期待する投資家を満足させるため、同社は100億ドルの一時金支払いを検討 している。

ペシネー(PY):ADS(2ADSが普通株1株に相当)は5.01ドル (26%)高の24.28ドル。アルミ業界2位のカナダのアルキャン(AL CN) はアルミ会社の仏ペシネーに対して、33億9000万ユーロの敵対的買収案を提示 した。アルキャンは、株式と現金併用の買収案でペシネー株1株につき41ユー ロの評価とした。これはペシネー株の4日終値を21%上回る水準だ。

ほかのアルミ関連銘柄も高い。アルミニウム・コーポレーション・オブ・ チャイナ(ACH)のADS(H株100株に相当)は2.70ドル(12%)高の

25.95ドル。

ハイテク関連銘柄は上昇。ゴードマンのアナリスト、コニグリアロ、シャー ランド両氏は、企業幹部の調査でハイテク投資がほぼ底入れしたことが示唆され たと指摘した。アルテラ(ALTR)は1.64ドル(9.5%)高の18.86ドル。ノ ベラス・システムズ(NVLS)は2.82,ドル(8%)高の38.24ドル。テラダ イン(TER)は1.50ドル(8.6%)高の19.03ドル。

アムコア・テクノロジー(AMKR):2.50(18%)高の16.24ドル。リー マン・ブラザーズのアナリスト、パーミジャーニ氏は、半導体メーカーのアムコ アの目標株価を23ドルと、従来の12ドルから引き上げた。

BMCソフトウエア(BMC):1.38ドル(8.4%)安の15.09ドル。企業 向けソフト大手BMCソフトウエアはの第1四半期(4-6月)は、一部経費を 除いたベースで1株利益が1-4セントになったとの暫定集計を発表した。売上 高は予想を下回った。調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリス ト予想平均は1株利益が8セントだった。

インフィニオン・テクノロジーズ(IFX):ADR(普通株1株に相当) は1.03ドル(9.9%)高の11.42ドル。ドイツの半導体メーカー、インフィニオ ンは、J.P.モルガン証券が同社株の適正価格を11ユーロと、これまでの9 ユーロから引き上げた。

プリンストン Andy Treinen 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --*(03) 3201-8816 yuyamaguchi@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE