コンテンツにスキップする

アナリストの中立性問題:投資銀行4社を相手取った投資家訴訟を棄却

証券アナリストの中立性をめぐる問題で、マ ンハッタン連邦地裁の2人の判事は1日、大手投資銀行の米ゴールドマン・サ ックス・グループ、米モルガン・スタンレー、スイスのクレディ・スイス・グ ループ、米メリルリンチの4社を相手に投資家が起こしていた訴訟を棄却する 判決を下した。

この問題で裁判所の判決が出るのは、大手投資銀行10社がことし4月に米 証券取引委員会(SEC)と和解し、総額14億ドル(約1700億円)を支払う ことで合意して以来、初めて。

同地裁のポーラック判事はまた、メリルリンチの元テクノロジー業界担当 アナリスト、ブロジェット氏を相手取った同様の訴訟についても棄却した。

1日のゴールドマンの株価終値は2.10ドル(2.5%)高の85.85ドルと続 伸。

マンハッタン連邦地裁 David Glovin 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

GS US <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE