コンテンツにスキップする

株主総会:揺れる経営に株主が質問、注文-りそな、社長は低姿勢

3月期決算企業の株主総会が27日午前10 時から一斉に開かれている。26日までの株主総会で、株主が役員賞与や報酬の 金額明示、業績低迷の企業に対しては、退職慰労金の返上を要求するなど厳しい 姿勢が目立っているが、総会ピークとなった27日も、景気の長期低迷で大きく 揺れる企業経営に株主からの質問、注文が相次いだ。

27日は3月期決算企業の株主総会の集中日。東京証券取引所調べで1174社、 警察庁調べでは全国で1820社が開催している。

2兆円の公的資金の注入が決まり、新経営陣と交代してから初の株主総会を 迎えたりそなホールディングスでは、933人の株主が出席。川田憲治社長が総会 の冒頭、「株主の皆様には多大のご迷惑をおかけしました」と陳謝した。さらに、 旧経営陣の責任を明確化するために退職慰労金を辞退することなどをあらためて 説明するとともに、2005年3月期以降に復配を目指す、と復配時期のめどを示 すなど、新経営陣の姿勢などについて株主の理解を求めた。

これに対し、株主からは、監査法人の変更などをただす質問が出された。川 田憲治社長は「新日本監査法人はりそなの財務内容を熟知しているうえ、グルー プ他社も担当している。整合性ある監査が可能だ」として変更を考えていないと しながらも、「米国などでは決算の客観性を高めるという観点からしばしば変え ている。その意味で、検討したいと思う」と含みを残した。所要時間は2時間 54分だった。

統合を白紙撤回した住友化学、三井化学はそれぞれ株主総会を開催した。住 友化には130人(昨年153人)が、三井化学には206人(昨年181人)の株主が 出席した。住友化学は、54分(昨年38分)で終了した。株主からは企業価値向 上に関する質問などが出され、米倉弘昌社長が中期経営計画の確実な実行を強調 した。

三井化学では、取締役の報酬額など、経営情報の透明化を求める質問が多か った。これに対して、山本律夫常務が「プライバシーの問題もあり、取締役全員 を合わせた報酬額しか開示できない」と答えるなど、1時間23分(昨年33分) で終えた。

コニカと経営統合するミノルタでは、175人の株主(昨年153人)が出席し、 2003年3月期に過去最高益を計上しながら、役員賞与を返上する理由を質され た。これに対して、太田義勝社長は「3期ぶりに復配したものの、まだ安穏とで きる状態でない。経営陣の気持ちを引き締めるためだ」と説明するなど、54分 (昨年44分)で終えた。

日本テレコムホールディングスは79人の株主(昨年135人)が出席し、会 場で株主からの質問はなかった。焦点になっている固定電話部門の売却について、 ウィリアム・モロー社長が「7月中に決定したい」と述べるなど、39分(昨年 38分)で終了した。

東京 桜井 勉 Tsutomu Sakurai

山口 由香 Yuka Yamaguchi

岩崎 まり子 Mariko Iwasaki

竹本能文 Yoshifumi Takemoto

林 純子 Junko Hayashi

上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03)3201-3556 tsakurai1@bloomberg.net Editor:Murotani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE