コンテンツにスキップする

株主総会:きょうから本格化、240社以上が開催―トヨタ、東芝など

3月期決算企業の株主総会が26日から本 格化する。集中日は27日だが、分散化が進んだことから26日も240社以上が株 主総会を開催する。今年の総会では、経営の透明性を図るため、委員会等設置会 社への移行など定款変更を諮る会社もある一方で、純損益の大幅な赤字でトップ が株主に陳謝するなど、株主とのやりとりが活発化し、3時間を超える長丁場の 総会となるところも出ている。

東京証券取引所がまとめた東証上場会社を対象とした株主総会の集計による と、26日の開催企業は243社。昨年は174社だったので、約70社も増えた。特 に1部上場企業が昨年123社だったのが、今年は163社に達し、1部上場企業の 間で開催日の分散化が進む傾向がうかがえる。

個別には、東芝、リコー、三菱重工業、日本航空システム、全日空、雪印乳 業、トヨタ自動車、日本ハム、新日本製鉄、JFEホールディングス、UFJホ ールディングス、東レ、コマツ、大和証券グループ本社、日興コーディアルグル ープ、野村ホールディングス、東京電力、CSKなど。

すでに総会を終えた企業では、みずほフィナンシャルグループが03年3月 期の連結純損益が2兆円を超える赤字となり、前田晃伸社長が陳謝したが、株主 からの質問が相次ぎ、昨年の2時間から今年は3時間を超えた。また、日産自動 車では、取締役の報酬の上限を増額した。日立製作所は委員会等設置会社への移 行を決議した。ミノルタとの経営統合が主要な議題となったコニカは株主からの 質問が集中し、2時間44分と3時間近い総会となった。

東京 桜井 勉 Tsutomu Sakurai --* (03)3201-3556 tsakurai1@bloomberg.net Editor:Murotani

参考画面:

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE