コンテンツにスキップする

ホンダ主導で自動車株軟調、米国株安と円高を受けて

自動車株全般が安い。前日の米国株式相場 が大幅下落したことや為替がやや円高方向に振れていることを受けて、輸出株の 一角として自動車株が売られている。特にホンダは一時、4%超下げる場面もみ られ、下げが目立つ。国内販売が低迷していることが嫌気されている。午前9時 48分現在、ホンダの株価は前日比160円(3.4%)安の4560円。

そのほかでは、トヨタが同60円(1.9%)安の3110円、日産自動車が19円 (1.7%)安の1070円、マツダが6円(2.0%)安の296円。三菱自動車工業が 1円(0.4%)高の270円。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Hinoki

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE