コンテンツにスキップする

訂正:Jエナジー:7月の原油処理計画は5%減の168万kl(2)

新日鉱ホールディングス傘下のジャパンエ ナジーは20日、7月の原油処理計画を前年同月比5%減の168万キロリットル にすることを決めた。同社・広報担当の高田正紀氏が同日、明らかにした。

減産は2002年10月以来のこと。電力向けC重油やガソリン需要は堅調だ が、中間留分の需要が落ち込んでいるという。今回の原油処理計画は水島製油 所(岡山県)と鹿島製油所(茨城県)の2製油所の処理計画。グループ会社の 富士石油が運営する袖ヶ浦製油所(千葉県)の7月の処理計画は現時点では未 定としている。

新日鉱ホールディングスの株価終値は前日比2円(0.9%)高の233円。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --* (03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Abe

企業ニュース:JBN18 新日本石油のニュース {5001 JP

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE