コンテンツにスキップする

ダイハツ:ハイブリッド車、新たに10社に無料貸与-05年めど発売

トヨタ自動車グループのダイハツ工業は、 ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド軽商用車「ハイゼット カーゴ」を、新たに電力会社など計10社に無料で貸し出す。7月から実施する。 2005年をめどに同車を発売したい考えで、各社から率直な意見をもらい、市販 化に向けた開発に役立てる。

E・HV開発部長の北村晏一氏がこのほどブルームバーグ・ニュースに対し 明らかにした。

東京、関西、四国、中部、九州の電力5社と、他の一般企業5社に半年間、 試乗してもらう。昨年11月からは、東京都や大阪府など4つの自治体を対象に 4台の無料貸与を実施、6月で終了した。「商品化に向けて、現在も開発を積極 的に進めている。今回モニター調査をさらに追加し、モニターからの意見を反映 させる」(北村氏)。

ハイブリッド車は、ベースとなっているガソリン車「ハイゼットカーゴ」と 同じ660ccのガソリンエンジンを搭載。燃費は1リットルあたり20キロで、ベ ース車と比べて33%向上させた。駆動用電池のニッケル水素電池はトヨタのハ イブリッド車のミニバン「エスティマ」と同じものを使用。モーター部品もトヨ タと共通化した。

ガソリン車の価格は100万円前後だが、ハイブリッド車は200万円未満に抑 えて市販化し、自治体や企業からの購入を見込む。年間500台程度の販売を予定 する。ガソリン車の販売台数は、現行モデル(マイナーチェンジ1回を含む)が 発売された1999年1月以来、月間2500台から3000台前後で推移しており、今 年に入ってから5月までは前年同期比4%減となっている。

軽自動車のハイブリッド車では、スズキが1月に「ツイン」の販売を開始 している。129万と139万円の2つのタイプで、5月末で累計150台を販売。 年間販売台数の約100台をすでに達成した。

ダイハツの株価は、前日比1円(0.2%)高の420円(午前9時5分現在)。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Hinoki

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE