コンテンツにスキップする

KDDI株が50万円回復:第三世代携帯好調-1年11カ月ぶり高値

KDDIの株価が上昇、今年の最高値を更 新して50万円台を回復、ほぼ1年11カ月ぶりの高値を付けている。動画メー ルといった機能を持つ第三世代携帯電話(3G)が好調で収益回復への期待が 膨らんでいる。

KDDIの株価は一時、前日比2万5000円(5.2%)高の50万2000円ま で上げた。先週末に続いて年初来高値を更新、2001年7月25日(51万円)以 来の水準に上昇している。午前10時6分現在で同2万3000円(4.8%)高の50 万円で取引が進んでいる。売買代金は61億円と東証1部9位。

市場はKDDI株の上昇について「3Gをけん引役に収益回復期待が広が っている。この日の相場が通信、自動車、電機、銀行といった大型株中心に上 がっている流れにも乗っている」(西広市・日興コーディアルグループエクイテ ィ部部長)とみている。

携帯電話の加入者数では、KDDIが4月、5月と純増数で他社を圧倒し た。5月のKDDIグループの純増数は16万2100台(J-フォンは13万2400 台、NTTドコモは11万6000台)になった。2004年3月期の連結純利益は、 775億円の特別損失を含めても前期比24%増の710億円を予想している。

西部長によると、KDDIは、信用取引で売り残高が多いことも買い戻し を誘ってさらに株価を押し上げる要因になっている。株価は前期決算を発表し た5月8日前後から上昇に弾みがついている。

他の通信銘柄も高く、ドコモが同7000円(2.6%)高の27万2000円、日 本テレコムホールディングスは同1万4000円(4.1%)高の35万7000円。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno

--* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE