コンテンツにスキップする

ソニー、サンディスク:小型記録メディアで提携強化-生産販売を拡大

AV(音響・映像)機器大手のソニーと 半導体記録メディアの世界最大手、米サンディスクは、小型記録メディアの分 野で提携を強化する。デジタルカメラやカメラ付き携帯電話などの普及に伴う 需要拡大に対応するのが狙い。サンディスクは自社ブランドで生産・販売する ソニーの「メモリースティック」を増やすため、ソニーとクロスライセンス契 約を結んだ。サンディスクが16日明らかにした。

サンディスクはこれまで、「メモリースティック」の販売と、書き込み速 度を6倍に速めた「メモリースティックPRO」の製造・販売のみ手掛けてき た。今後は小型機器向けの「メモリースティックDuo」や、複数の機器で使 うことを想定してデータの仕分けなど使い勝手を改善した「メモリーセレクト 機能付きメモリースティック」などの生産・販売にも乗り出し、品ぞろえを拡 充する。

ソニーによると、メモリースティックの世界出荷は2002年度の1900万 枚から、03年度は3500万枚に増える見通し。対応機器の総出荷台数は同様に、 2000万台から3500万台に増加すると予想されている。同社とサンディスク は01年9月に「メモリースティック」の開発・生産で提携。今年1月には共 同開発した「メモリースティックPRO」を発表した。

フラッシュメモリー(電気的に一括消去・再書き込みできる半導体メモリ ー)を利用した小型記録メディアは、デジカメのほか、デジタルテレビやDV D(デジタル多用途ディスク)プレーヤー、ビデオカメラなどに使われている。 メモリースティックの競合製品は松下電器産業と東芝、サンディスクが共同開 発した「SDメモリーカード」、オリンパス光学工業や富士写真フィルムがデ ジカメ向けに採用している「スマートメディア」などがあり、仕様が乱立して いる。

ソニーの株価は前日比80円(2.4%)高の3450円(午前9時49分)。

東京 鈴木 恭子 Kyoko Suzuki --* (03)3201-8868 ksuzuki3@bloomberg.net Editor:Okubo

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE