コンテンツにスキップする

コスモ石:坂出製油所で定期修理を実施へ-新日石や昭シェルなども予

石油元売り会社のコスモ石油は、17日から5日間 坂出製油所(香川県、原油処理能力日量12万バレル)の定期修理に入る。広報室の高木 俊二氏が10日、明らかにした。コスモ石油のほか、新日本石油や昭和シェル石油なども 今後、製油所の定期修理をそれぞれ計画している。

コスモ石油は定期修理を4年ごとに実施しているが、坂出製油所では2年前に1カ 月程度かけて実施したため、今回は短期間になるという。また、同社では、四日市製油 所(三重県、同15万5000バレル)で10月10日から11月4日にかけて定期修理を予定。 四日市製油所には、石油精製のための一次装置であるトッパーが2系列あり、稼働を停 止するのは日量8万バレルのもの。

新日本石油では、5月10日から定期修理に入っていた大阪製油所(同12万5000バ レル)が今週中にも再稼働する見通し。一方、室蘭製油所(北海道、同18万バレル)で はこのほど、7月末までの定期修理に入った。今後の計画では、根岸製油所(神奈川県、 同34万バレル)で3系列あるうちの日量12万バレルのトッパー、水島製油所(岡山県、 同25万バレル)では2系列あるうち同11万バレルのトッパーの定期修理を10月―12 月期にそれぞれ約1カ月間予定している。

そのほか、昭和シェル石油は8月末から9月末にかけて、京浜製油所(神奈川県、 同18万5000バレル)の扇町工場(日量12万バレル)での定期修理を予定。新日鉱ホー ルディングス傘下のジャパンエナジーでも、9月中旬から約1カ月間、水島製油所(同 20万200バレル)の日量11万バレルのトッパーの定期修理を計画している。また、出 光興産はきょうから約1カ月の期間で 北海道製油所(同14万バレル)の定期修理に入 った。

コスモ石油の株価は前日比2円(1.1%)安の183円、新日石は同1円(0.2%)安 の471円、昭和シェル石油は同8円(1%)安の812円、新日鉱ホールディングスは同 3円(1.3%)安の230円(午後1時6分現在)。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --*(03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Abe

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE