コンテンツにスキップする

5月の新車販売はカローラ首位-3カ月ぶり返り咲く(3)

(2段落以下を追加します。)

東京 6月5日(ブルームバーグ):日本自動車販売協会連合会(自販連)が 5日発表した5月の国内の乗用車(軽自動車を除く)車名別販売台数は、トヨタ 自動車の「カローラ」が1万5783台と3カ月ぶりに首位に返り咲いた。2位は ホンダの「フィット」で1万4777台だった。4月に初の首位となったトヨタの 「ウィッシュ」は1万4248台と3位に転落した。

トップ10入りした車種のうち、今年発売された「ウィッシュ」を除くと、 1年以内に全面改良か一部改良した「カローラ」「キューブ」「デミオ」の3車 種のみが前年実績を上回り、残りは割り込んだ。特に「フィット」「マーチ」な どコンパクトカーは「ノア」「エスティマ」などのミニバンよりも落ち込み幅が 大きかった。

4月から5月にかけて発売されたトヨタの新「ラウム」(販売台数3821 台)は16位、マツダの「RX-8」(同3002台)は27位、三菱自動車工業の 「グランディス」(同2787台)は30位にそれぞれランクインした。

                 【5月の登録車販売台数】
     〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕
1.「カローラ」      (トヨタ)15783台(+5.5)
2.「フィット」       (ホンダ)14777台(-27.5)
3.「ウィッシュ」     (トヨタ)14248台(--)
4.「キューブ」       (日産)   9875台(+174.8)
5.「マーチ」         (日産)   9263台(-33.3)
6.「イスト」         (トヨタ) 7613台(-24.1)
7.「デミオ」      (マツダ) 6494台(+101.7)
8.「ノア」          (トヨタ) 6317台(-15.2)
9.「エスティマ」   (トヨタ) 6019台(-19.5)
10.「ヴィッツ」       (トヨタ) 5639台(-28.4)

東京 福井 康典 Yasunori Fukui --* (03)3201-7508 yfukui@bloomberg.net Editor:Hinoki

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE