コンテンツにスキップする

米国株時間外:ザイリンクス下落、マイクロソフトも軟調-先物下落

米株式市場時間外取引では、プログラマブル 論理回路(PLD)メーカーのザイリンクスが安い。同社は第1四半期(4- 6月)の売上高見通しを据え置いたことから、上方修正を期待していた投資家 からの失望売りが出た。株価は一時、通常取引終値比99セント安の29.02 ドルに下落した。

ザイリンクスによると、第1四半期の売上高の伸び率は1-5%となる見 通し。調査会社トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト予想平均で は、3.1%と見込まれていた。同業のアルテラは前日、第2四半期(4-6月) 売上高が従来予想の上限になると予想していた。

パソコンソフト最大手マイクロソフトは27セント安の24.60ドル。バルマ ー最高経営責任者(CEO)は、全社員あての電子メールで、同社は無償配布 の基本ソフト(OS)「Linux」との競合やソフトウエア支出の減少など「重 大な課題」に直面しているとの認識を示した。電子メールはブルームバーグ・ ニュースが入手した。

指数先物は下落。S&P500種株価指数先物(6月限)は1.50ポイント安 の984.70。一方、ナスダック100種指数先物(同)は4.50ポイント安の1220.00 ポイント。ナスダック100種時間外指数は11.46ポイント安の1213.30。

ニューヨーク  Josh P. Hamilton 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499 kshugo@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE