コンテンツにスキップする

米経済ダイジェスト:インテュイット、シュルンベルジュ、アルテラ

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎インテュイット:ベネット社長兼CEOの5年間続投で合意

税務ソフト最大手の米インテュイットは3日、ベネット社長兼最高経営責 任者(CEO)が、今後5年間は同職にとどまることで合意したと発表した。

----------------------------------------------------------------------- ◎シュルンベルジュ、最大1800億円の転換社債を発行へ

油田サービス最大手の米シュルンベルジュは3日、既存債務の返済資金を 調達するため、最大15億ドル(約1800億円)の転換社債を発行する計画を明 らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎カナダのフィリップ・サービシズ、米国で破産法申請

カナダの工業サービス会社フィリップ・サービシズは3日までに、米連邦 破産法11条の適用を申請した。金属市況の悪化が響いた。破たんは過去4年間 で2回目。同社の筆頭株主は有力資産家のカール・アイカーン氏。

----------------------------------------------------------------------- ◎ノースウエスト航空を客室乗務員組合が提訴-優先株の扱いめぐり

米航空4位のノースウエスト航空の客室乗務員組合は3日、優先株の買い 戻し義務付けを求め、同社を相手取り訴えを起こしたと発表した。優先株は 1993年、賃下げの見返りに従業員に割り当てられたもの。

----------------------------------------------------------------------- ◎アルテラ:4-6月期の売上高は事前予想レンジの上限に-新製品好調で

プログラマブル論理回路(PLD)メーカー2位の米アルテラは3日、第 2四半期(4-6月)の売上高は、事前予想レンジの上限付近になるとの見通 しを示した。新製品の販売好調が背景。

----------------------------------------------------------------------- ◎コンバース2-4月期:赤字が581万ドルに縮小-債務の償却費用減少で

ボイスメール用ソフトウエア最大手の米コンバース・テクノロジーが3日 発表した第1四半期(2-4月)決算は、純損失が581万ドル(1株当たり3 セント)と前年同期に比べ赤字幅が縮小した。債務の償却費用が減少したのが 背景。一時費用を除いたベースでは、1株当たり4セントの損失。アナリスト 予想は同8セントの損失だった。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE