日野自:05年度連結営業利益は倍増へ-米市場本格参入、中期計画

トヨタ自動車グループのトラックメーカー の日野自動車は29日、05年度まで3年間の中期経営計画を発表した。05年度の 連結営業利益は420億円と、03年3月期実績の192億円から倍以上を目指す。 また、米市場に本格参入し、初めて現地に生産拠点を設けるほか、米販売大手と 提携して売り上げ拡大を図る。

05年度の連結売上高は、03年3月期と比べて3.5%増の8800億円を計画。 国内の販売台数目標は同25%増の4万3500台。排ガス規制強化による買い替え 需要を取り込み、シャーシー(台車)、荷台などの基本設計から開発、生産まで 一貫して行う架装事業や販売会社での車検整備事業などを強化する。

海外は、中国や米国市場に注力し、62%増の4万1700台を目標とする。国 内での買い替え需要が一巡する2年後に備え、国内依存型から脱却を図る。2010 年には世界販売台数15万台を目指す。

コスト削減も進める。部品の共通化を進めて部品数を現在の10分の1にす るほか、「製品コストの30-50%削減に挑戦」(蛇川忠暉社長)し、低価格化 を実現し収益性も向上させる。荷台を一括購入することで原価低減を図る。営業 利益率を03年3月期実績の2.3%から05年度には4.8%まで引き上げる。

米市場の生産・販売を強化

米市場の生産・販売を強化する。45億円投資し、年内にもカリフォルニア 州オンタリオにトラックの部品工場を新設する。04年初めに操業を開始。トヨ タが米国で生産するピックアップトラック用の足回り部品や、04年10月に生産 開始を予定している日野の米市場向け中型トラックのプラットホーム(車台)な どを生産する。トヨタ向け部品は羽村工場(東京都羽村市)で生産しているが、 順次、新工場に移管する。

一方、販売会社の米国日野の資本金を800万ドルから2200万ドルに増資す るほか、米自動車販売大手のペンスキー・オートモーティブ・グループ(ミシガ ン州デトロイト)が米国日野に資本参加する。米国日野は現在、日野と三井物産 グループが折半出資しているが、ベンスキーは25%出資し、営業担当役員も派 遣。販売網を拡大し、リース・レンタル部門で日野車を取り扱うなど協力する。 日野の出資比率は50%、三井物産グループは25%となる。

米現地法人での販売台数を06年に1万台、10年には3万3000台を目指し、 売上高は1100億円を計画する。

日野自の株価終値は、前日比20円(3.9%)高の540円。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki

福井 康典 Yasunori Fukui --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Hinoki

企業ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE