新日石:仙台製油所の操業を予定通りきょう再開へ

石油元売り大手の新日本石油は、26日に東 北地方を襲った大規模地震の影響で、操業を一時停止していた仙台製油所(原 油処理能力:日量14万5000バレル)の稼働をきょうの午前中に予定通り再開 する。石油精製のための一次装置である常圧蒸留装置(トッパー)を立ち上げ るが、再稼働後、原油処理能力を最大にまで引き上げるには一般的に3、4日 かかるという。同社広報担当者が29日、語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。