米NASD:米メリルの元アナリストを提訴-タイコのリポートめぐり

全米証券業協会(NASD)は28日、米証 券最大手メリルリンチを解雇された元アナリストのプア・ヤング氏を提訴した。 複合企業の米タイコ・インターナショナル株について誤解を招く調査リポート を発表したことが理由。

NASDは、ヤング氏のリポートはタイコのコズロウスキー会長兼最高経 営責任者(CEO、当時)との親交によって影響されていたと指摘している。 ヤング氏はコズロウスキー氏から贈り物を受けるなどの交際があり、タイコの 社用ジェット機に同乗するなど便宜を受けていた。

ヤング氏の弁護士、リトル氏は「タイコという名前に踊らされた愚かな提 訴だ」と述べた。しかし、今回の動きはNASDがアナリストの利益相反問題 をめぐりアナリスト個人を追求する方針を示したものとみられる。NASDの 法執行担当ディレクター、ゴールドスミス氏は「個人に対する追及は今後も続 くだろう」と述べた。

ニューヨーク Ed Leefeldt 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE