石油公団:石油資源開発株を株式公開で売却、主幹事証券を選定へ

2005年3月末までに廃止が決まっている石油公団 は27日、出資先の石油資源開発(東京都品川区)について、同社株式の公開によって保 有株式を売却し、同株式売却のための主幹事証券の選定手続きを開始すると発表した。 石油資源開発の資本金は143億円。石油公団は65.74%の出資比率となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。