4月全国スーパー売上高:前年同月比2.6%減-10カ月連続の減少(2)

日本チェーンストア協会は26日、4月の 全国のスーパー売上高が前年同月比2.6%減の1兆1895億円だったと発表した。 食料品が堅調だった一方で、気温が低かったことで春物・初夏物商品が苦戦し、 10カ月連続で前年割れとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。