4月全国スーパー売上高:前年同月比2.6%減-10カ月連続の減少(2)

日本チェーンストア協会は26日、4月の 全国のスーパー売上高が前年同月比2.6%減の1兆1895億円だったと発表した。 食料品が堅調だった一方で、気温が低かったことで春物・初夏物商品が苦戦し、 10カ月連続で前年割れとなった。

衣料品部門は13カ月連続で前年割れ。上旬に雨が多く気温が低かったこ となど天候不順によって、婦人、紳士衣料ともに前年実績を下回った。住関品 も家具や家電の低迷が続いており42カ月連続で前年割れ。また、重症急性呼 吸器症候群(SARS)の影響で旅行バッグなどが不振だったという。

一方、食料品は9カ月連続で増加した。キャベツやレタスなど生鮮品の相 場高を受けたことや、5月実施の増税による値上げの駆け込み需要で発泡酒が 好調だった。

<2003年4月の全国スーパー売上高>
注)▲はマイナス
                売上高(億円)    前年同月比(%)
総額                11895            ▲2.6
食料品               6606              0.8
衣料品               1646            ▲5.2
住関品               2664            ▲6.7
サービス               90            ▲4.7
その他                888            ▲9.6

東京 堤 紀子 Noriko Tsutsumi --* 03-3201-8293 hsagiike@bloomberg.net Editor:Okimoto

小売り NI RET

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE