UBSウォーバーグ日本代表、チバ氏が今夏に退任―投資ファンド設立

UBSウォーバーグ証券日本代表を務 めるマーク・Z・チバ社長兼最高経営責任者(CEO)が今夏にも退任する。チ バ氏は今後、数カ月間で引き継ぎ業務を完了させ、退任後は、投資ファンド事業 を立ち上げる計画だ。また、UBSアジア太平洋地域会長兼CEOであるクライ ブ・スタンディッシュ氏のアドバイザーとなる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。