石油連盟の渡・新会長:政府の石油依存度引き下げ方針に異議

21日付で石油連盟の新会長に就任した渡文 明・新日本石油社長は同日、都内での定例会見で、石油の依存度を引き下げるという政 府方針に対して異議を唱え、エネルギー政策の基本問題に対する取り組みを連盟として の重点課題として挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。