アパルトヘイト訴訟開廷へ、企業の賠償額は最大1000億ドルも-FT

19日付の英紙フィナンシャル・ タイムズは、南アフリカ共和国政府によるアパルトヘイト(人種隔離)政策を 支援したとして、同政策による被害者が米シティグループやドイツ銀行などを 訴えている裁判が、同日ニューヨークで開かれると報じた。同紙が裁判所資料 を基に伝えたところによると、賠償額は合計最大1000億ドル(約11兆5000億 円)に上る可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。