英ヒルトン:下期に事業回復の見通し-1-4月期利益は25%減少

ホテルチェーン大手の英ヒルト ン・グループは16日、イラク戦争や新型肺炎、重症急性呼吸器症候群(SAR S)が響いて、2003年1-4月期の税引き前利益が前年同期比で25%減少した と発表した。ただ、同社は下期には事業が回復するとの見通しを明らかにした。

同社のウォレス財務担当幹部は、ブルームバーグ・ニュースとのインタビ ューで、英国事業は回復していると指摘。同社は、米国を除く地域で約400軒 のホテルチェーンを展開している。さらに同幹部は、「予約傾向に回復が見ら れる」とし、夏期の終わりには予約件数が前年同期の水準に達するとの見通し を示した。

景気鈍化やイラク戦争、SARSの発生などが旅行業に悪影響を及ぼし、 ホテル、航空、旅行ツアーの関連各社はことし、業績不振に陥っている。ヒル トンは早期回復予想と楽観的な見方を示す一方で、米マリオット・インターナ ショナルなど一部競合は、2004年以降の回復を見込んでいる。

ロンドン時間午前11時10分現在、同社株価は前日比6ペンス(3.5%)上 昇して176。一時は同8ペンス(4.7%)高の178まで買い進まれた。

ベルリン Patrick Donahue ロンドン 吉崎美帆 Miho Yoshizaki --*(44) (20) 7073-3636 myoshizaki@bloomberg.net Editor: Okochi

HG/ LN <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE