訂正:東燃ゼネラル:第1四半期利益62億円、販売増-中間を上方修正

米メジャー(国際石油資本)エク ソン・モービル系、東燃ゼネラルの第1四半期の純利益は62億円になった。 ガソリンや軽油の利益率(マージン)は低下したが、ガソリンや灯油の販売量 を伸ばした。四半期決算は前年度の第3四半期から開示しており、前年同期と の比較はない。

東燃ゼネラルが14日発表した2003年第1四半期(1-3月)は、売上 高が5719億円、営業利益は69億円、経常利益は79億円だった。資産売却な どで特別利益30億円を計上したことで、純利益は拡大した。

今期(2003年12月期)予想については、6月中間期の純利益を110億 円として、従来予想(60億円)を上方修正した。前年中間期は42億円の赤字 だった。通期については前期比2.8倍の240億円という従来予想を維持して いる。

通期の売上高は同3.2%増の1兆9900億円、経常利益は3.4倍の280 億円という予想も維持した。

東燃ゼネラルの株価終値は前日比1円(0.1%)高の763円。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --*(03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net  Editor:E.Ueno

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE