サウジ:6月の対日原油供給7%削減、米向け20%減-OPEC減産で

サウジアラビアの国営石 油会社、サウジアラムコは、日本や台湾への長期契約による直接取引(DD) 原油の供給量を6月から契約比で7%削減する。韓国向けは契約通り全量供給 する。米国向けについては同15-20%削減する。石油輸出国機構(OPE C)が6月から実質的な生産量の減産を決めたことに対応する。サウジアラム コから通知を受け取った関係者が語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。