UBSの1-3月期:11%減益-ドル安と未公開企業投資部門の損失で

スイスの銀行最大手UBSが 13日発表した第1四半期(1-3月)決算は、前年同期比で11%減益となった。 未公開企業投資(PE)部門が9四半期連続で損失を計上したことや、米ドル が対スイス・フランで下落したのが響いた。

純利益は12億1000万スイス・フランと、前年同期の13億6000万スイス・ フランから減少した。アナリスト予想では前年同期比25%減の10億3000万ス イス・フランが見込まれていた。

UBSは、1990年代後半の株式相場のピーク時に行った未公開企業投資か ら痛手を被っており、株式相場の低迷が続くなか、保有する未公開株を売却で きずにいる。同社のPE部門は2001年初めから昨年末にかけて28億スイス・ フランの損失を計上しており、第1四半期も赤字となった。

チューリヒ Philipp Goellner 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE