伊エネルの1-3月期純利益は3倍増‐事業売却益などが寄与

欧州4位の電力会社、伊エネルが 12日発表した第1四半期(1-3月)決算では、1事業部門の売却益が寄与し、 純利益が3倍に増加した。さらに、例年を上回る降雨量と規制緩和で、水力発 電部門の利益が拡大したことも、全体の増益に貢献した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。