ゴールドマンとモルスタ、引受業務の軸足を株から転換社債にシフト

過去10年間、株式の引き受け業 務で首位を競ってきた米証券大手ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・ スタンレーがここにきて、転換社債の引き受け収入を伸ばしている。1990年代に 活況を呈した株式相場に回復の兆候がみられないなか、企業が株式よりも転換社 債による資金調達を目指していることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。