米経済ダイジェスト:ノードストロム、グッドイヤー、Gクロッシング

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎ノードストロム:2-4月の1株利益は事前予想以下-暫定集計

米高級百貨店チェーン、ノードストロムが7日発表した第1四半期(2- 4月)決算の暫定集計によると、純利益は1株当たり12-15セントと、事前予 想を下回った。売上高が期待外れだったことや、商品価格の値下げが当初の計 画より多くなったことが響いた。

----------------------------------------------------------------------- ◎グッドイヤー:ジバラ会長が6月末に退任:キーガンCEOが会長兼任へ

タイヤ大手の米グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーは7日、サミア・ ジバラ会長(64)が6月30日付けで退任する人事を発表した。退任後は、ロバ ート・キーガン最高経営責任者(CEO、55)が会長を兼任する。

----------------------------------------------------------------------- ◎米小売りチェーン:4月の既存店売上高は3%以下の伸びに-東京三菱銀

東京三菱銀行は7日、雇用や経済に対する懸念が強いなか、4月の米小売 りチェーンの既存店売上高は、前年同期比ベースで3%を下回る伸びにとどま ったとの予想を示した。

----------------------------------------------------------------------- ◎グローバル・クロッシング:3月の赤字縮小-売上高の増加で

破たんした国際高速通信サービス大手の米グローバル・クロッシングが7 日発表した3月の業績は、売上高が前月比4%増の2億3100万ドルとなるなか、 赤字幅が8900万ドルと前月の1億4200万ドルに比べ縮小した。

----------------------------------------------------------------------- ◎EEOC:モルガン・スタンレーの責任追及を-和解交渉で悪意ある戦術

世界2位の証券会社モルガン・スタンレーの雇用差別をめぐる訴訟で、米 雇用機会均等委員会(EEOC)は7日までに担当判事に対し、和解交渉で 「悪意のある」戦術を使ったとして、同社の責任を追及すべきだと主張した。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE