モルガンスタンレーのローチ氏:ドル高政策は世界の構造改革遅らせる

米証券大手モルガン・スタン レーのチーフエコノミスト、ローチ氏は7日、世界経済の構造改革について以 下のようにコメントした。

「通貨の調整が最終的にどのように機能するかについて、経済学は明確に している。経常赤字を抱える国――現在の場合は米国――は、(通貨調整を待つ) 列の先頭にいる。過去8年間のいわゆる『強いドル』政策に固執することは、 機能障害に陥っている世界経済にとってマイナスだ。ドル高政策は、引き続き 米国以外の経済を保護し、結果的に構造改革を妨げることになるだろう」

ニューヨーク Thomas R. Keen 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE