ヤマハ発、2300万株、200億円上限で自己株取得へ

東京 5月7日(ブルームバーグ):自動二輪車大手のヤマハ発動機は7日、 2300万株、200億円を各上限として、自己株取得の枠を設定すると発表した。6 月末の次期株主総会に提案する予定、としている。2300万株は、発行済み株式総 数の10%に相当する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。