東京で来月アジア初の「世界ガス会議」-3大メジャー首脳が一堂に

北米や欧州以外で初めての開催となる 「世界ガス会議」が、6月初めに東京で開かれる。世界のエネルギー業界や企 業のトップが一堂に会する国際会議で、エネルギー問題への国や企業の最新の 取り組み状況が明らかになる。

世界ガス会議は3年ごとに北米と欧州で過去21回開かれており、今回はア ジア地域での初めての開催になる。開会式は6月1日に東京国際フォーラム(東 京・千代田区)、講演や各種の報告、討論は同2-5日に東京ビッグサイト(同 江東区)で行われる。

会議にはBPグループのジョン・ブラウン最高経営責任者、ロイヤル・ダ ッチ・シェルグループのフィリップ・ワッツ最高幹部会会長、エクソンモービ ルのリー・レイモンド会長ら世界のエネルギー業界のトップが出席する。

BP、シェル、エクソンモービルという3大メジャー(国際石油資本)の 首脳が一堂に会するのは過去に例がない。3氏は2日から順次、講演する。

世界ガス会議を主催する国際ガス連盟の浦野浩会長(東京ガス常務執行役 員)は7日のブルームバーグ・フォーラムで、今回の世界ガス会議の特徴とし て、地球温暖化防止という長期的な課題への取り組みと燃料電池(FC)の展 示・実演という2つの点を挙げた。

エネルギー発生時に二酸化炭素(CO2)の排出が少ない天然ガスは、温暖化 防止に有力なエネルギーであるうえ、FCの原料となる水素も低コストで豊富 に取り出せるという利点を訴えていく。

ロシア、サハリン2天然ガスと石油パイプライン

東京ガスや東京電力は、ロシア東部サハリンでの石油・ガス開発事業の「サ ハリン2」からの液化天然ガス(LNG)購入を表明している。地理的に近い サハリンは、輸送コストが相対的に低く、ロシアも安定してLNGを供給でき るとみている。東京ガスの上原英治社長は4月末、サハリン2のLNG購入つ いて「契約の詰めの段階で交渉は順調。近い将来に発表できる」と述べた。

ただ他社は東北電力が「事業体から購入の打診は受けたが、協議に至って いない」(国井紀王士・東京支社業務課報道担当)、九州電力は「購入提案を受 け、有望な供給先としては評価している」(井口直子・東京支社報道担当)、東 邦ガスは「2010年の調達先の1つとして関心はあるが、情報交換の段階」(中神 貴久・広報部係長)とやや温度差がある。

中部電力も「スポット(当用買い)的に調達することは検討、協議してい る」(井上敏章・東京支社主任)としながら、長期契約は現時点では考えていな いことを示した。

世界ガス会議には、サハリン2の事業体(シェル、三井物産、三菱商事) からシェルのワッツ最高幹部会会長、またロシアのガス会社ガスプロムのアレ クセイ・ミレル総裁も講演のため来日する。このため、会議前後にサハリン2 LNGをめぐる話し合いが持たれる可能性はある。

サハリンの石油・ガス開発事業では、伊藤忠商事などが参画しているサハ リン石油ガス開発(SODECO)、エクソンモービルなどが手掛けるサハリン 1もある。また、ロシアをめぐっては現在、石油パイプラインの建設で日本と 中国がそれぞれ独自の提案をしており、日本は自国案を採用するようにロシア に働きかけている。

                         【世界ガス会議概要】
           名称          第22回世界ガス会議東京大会
           開催期間      6月1日(日)-5日(木)
           開催場所      東京ビックサイト(開会式は東京国際フォーラム)
           主催          国際ガス連盟
           ホームページ  http://www.wgc2003.com

<主な予定>
                      ―――6月1日(日)―――
◎14:00  開会式(東京国際フォーラム)
                      ―――6月2日(月)―――
◎8:30  奥田碩・日本経済団体連合会会長(トヨタ自動車会長)、基調講演
         「日本経済・産業の課題と展望」
◎14:00  ジョン・ブラウンBPグループ最高経営責任者、基調講演
         「ガスの戦略的役割」
                      ―――6月3日(火)―――
◎8:30  安西邦夫・日本ガス協会会長(東京ガス会長)、基調講演
         「天然ガス:アジアの将来に向けての架け橋」
◎9:00  ピエール・ガドネックス・フランスガス公社総裁、基調講演
         「ヨーロッパのガス産業の中期展望」
◎12:15  ロバート・プリドル国際エネルギー機関(IEA)事務局長、特別
          講演
         「世界のエネルギー市場における天然ガスの役割」
◎14:15  フィリップ・ワッツ・ロイヤル・ダッチ・シェルグループ最高幹部
          会会長、基調講演
         「架け橋の構築-21世紀のガスの可能性を実現するために」
                      ―――6月4日(水)―――
◎8:30  ブルクハルト・ベルクマン・ルアガス会長、基調講演
         「ヨーロッパのガスを取り巻く諸課題-規制から成長へ」
◎9:00  アレクセイ・ミレル・ガスプロム総裁、基調講演
         「ヨーロッパおよびアジアに向けてのロシアのガス戦略」
◎14:15  リー・レイモンド・エクソンモービル会長、基調講演
         「エネルギービジネスの将来」
                      ―――6月5日(木)―――
◎8:30  リチャード・リーテン・アメリカガス協会次期会長、基調講演
         「力強きエネルギーへの道-増大する米国の天然ガス需要」

●過去の開催都市(開催年)ニース(2000年)、コペンハーゲン(1997年)、ミ ラノ(94年)、ベルリン(91年)、ワシントン特別区(88年)、ミュンヘン(85 年)、ローザンヌ(82年)、トロント(79年)、ロンドン(76年)、ニース(73 年)、モスクワ(70年)、ハンブルク(67年)、スヘベニンゲン(64年)、ストッ クホルム(61年)、ローマ(58年)、ニューヨーク(55年)、ブリュッセル(52 年)、ロンドン(49年)、パリ(37年)、チューリッヒ(34年)、ロンドン(31 年)

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor : Ozawa

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE