米国株【個別銘柄】:AMR、HP、ルーセント、シスコシステムズ

6日の主な銘柄は以下の通り。

エコスター・コミュニケーションズ(DISH):1.54ドル(5%)高の32.17 ドル。衛星放送大手エコスター・コミュニケーションズの第1四半期(1―3月) 決算は、1株利益が12セントとなり、調査会社トムソン・ファイナンシャルがま とめたアナリスト予想平均(10セント)を上回った。

ヒューレット・パッカード(HPQ):53セント(3.2%)高の17.33ドル。 コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)は、マイクロソフト(MS FT)と共同で、電話やテレビ会議を行うためのパソコンを製造する。マイクロ ソフトのゲイツ会長が試作品を実演した。

AMR(AMR):86セント(14%)高の7.10ドルと続伸。航空持ち株会社 AMRは、最近まとめた労使協約により、経費節減額が第4四半期(10-12月) までに4億5000万ドルに増えるとの見通しを示した。

カルパイン(CPN):60セント(11%)安の4.90ドル。電力のカルパイン は、第1四半期(1-3月)決算が予想外に1株当たり約12セントの損失となっ たことを明らかにした。

J.D.エドワーズ(JDEC):1.50ドル(12%)安の11.50ドル。業務 管理ソフトウエアのJ.D.エドワーズは、第2四半期(2-4月)の売上高が 最大11%減少したとの暫定集計を明らかにした。

ルーセント・テクノロジー(LU):16セント(7.8%)高の2.20ドル。通 信機器メーカーのルーセント・テクノロジーは、同業のジュニパー・ネットワー クス(JNPR)のインターネット関連機器を再販売することに合意した。

ウェブMD(HLTH):1.63ドル(15%)安の8.89ドル。医療関連ウェブ サイトを運営するウェブMDは、ロジャー・ホルスタイン氏を最高経営責任者(C EO)に起用するとともに、4-6月期の利益が従来予想の「下限」になる可能 性があることを明らかにした。第1四半期(1-3月)の売上高は一部のアナリ スト予想を下回った。

シスコシステムズ(CSCO):22セント(1.4%)安の15.68ドル。ネット ワーク機器最大手シスコシステムズは、5-7月期の売上高が横ばい程度になる との見通しを示した。第3四半期(2-4月)の利益は一部費用を除いたベースで アナリスト予想を上回った。

エレクトロニック・アーツ(ERTS):1.72ドル(2.8%)高の63.46ドル。 米ゲームソフト最大手エレクトロニック・アーツの第4四半期(1-3月)決算 は、1株利益が一部費用を除いたベースで40セントとなった。同社は従来27―35 セントの1株利益を予想していた。

アルトリア・グループ(MO):英米系格付け会社フィッチ・レーティングス は、たばこのアルトリア・グループと同社傘下のクラフト・フーズ(KFT)、た ばこのR.J.レイノルズ・タバコ・ホールディングス(RJR)の格付けを引 き下げた。アルトリアは9セント高の31.04ドル。クラフトは5セント安の31.23 ドル。R.J.レイノルズは4セント安の28.10ドル。

プルデンシャル・ファイナンシャル(PRU):生保大手プルデンシャル・フ ァイナンシャルの第1四半期(1-3月)決算は、1株利益が投資損失を除いた ベースで58セントとなった。トムソン・ファイナンシャルがまとめたアナリスト 予想平均では、56セントの1株利益が見込まれていた。10セント安の32.26ドル。

プリンストン Jonathan Make 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --* (03)3201-7499 kshugo@bloomberg.net  Editor:Kakuta/Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE