米資産家バフェット氏、不祥事のなかタイコ債を購入-高収益に

米資産家ウォーレン・バフェッ ト氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイは2002年に、米複合製造業の タイコ・インターナショナルの社債を額面にして約9億ドル(約1100億円)分 購入していたことが、同社の財務報告書から1日までに分かった。

それによると、バフェット氏は2002年8月-12月の間に額面8億8900万 ドル相当のタイコ債を6億1000万ドルで購入している。タイコ債は、幹部によ る不祥事が明らかになるなかで、大手格付け会社ムーディーズ・インベスター ズ・サービスが同社格付けをジャンク級(投機的格付け)に引き下げたことを 受け、急落していた。購入したタイコ債のほぼ3分の2はことし11月に同社に 買い戻しを求めることができ、バフェット氏は23%の投資収益を上げられる計 算だという。

届け出によると、同氏はタイコ債のほかにもジャンク債(高リスク・高利 回り債)を購入しており、2002年末の保有額は前年比6倍の83億ドルに上って いた。

ワシントン Miles Weiss 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE