米タイコ:12億ドルの新たな会計問題公表も-米WSJ

30日付の米紙ウォールス トリート・ジャーナルによると、米複合製造業のタイコ・インターナショナ ルは5月1日の第2四半期(1-3月)決算発表の際に、約12億ドル(約 1400億円)の新たな会計上の問題を公表する見込みだ。複数の関係者の話とし て伝えた。

同紙によると、タイコ関係者はこれまで、内部調査では大きな不正が見 つからなかったと主張してきた。その一方で、タイコが数年にわたって粉飾 決算で収益を水増ししたとの見方も出ていたという。新たな問題が明らかにな れば、タイコが1月に私募で起債した転換社債(発行額45億ドル)を購入した 投資家が、同社の財務内容を知り尽くしていたかどうかが問題になりそうだ、 と同紙は伝えている。

タイコは3月、最大3億2500万ドルの非現金費用が発生する見通しを 明らかにしたが、今回の問題はこれとは別という。同社は現在、米証券取引 委員会(SEC)の調査を受けている。

ニューヨーク Art Daniels ボストン 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --* (617) 338-5819 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE