独メトロ1-3月期:赤字縮小、卸売り部門の収益改善が貢献

欧州流通業 3位の独メトログループが30日発表した第1四半期(1-3月)決算では、卸 売り部門での収益改善や家電製品の需要増が貢献し、赤字額が縮小した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。