香港ハチソン、グローバル・クロッシング買収計画を撤回

香港の複合大手、ハチソ ン・ワンポアは30日、エスカレートする米政府による安全保障上の審査を理 由に、破たんした国際高速通信サービス会社グローバル・クロッシングの買収 計画を撤回した。

ハチソンは同業のシンガポール・テクノロジーズ・テレメディア(STテ レメディア)と共同でグローバル・クロッシングに買収提案を行っていたが、 今回の決定を受けて、STテレメディアは単独で5月5日までに新たな提案を 行う計画が明らかにされた。

アナリストたちは、ハチソンがグローバル・クロッシングの光ファイバー 網を買収した後、中国政府が同社の経営に影響力を行使するのではないかとの 米国側の懸念が根強いことが、今回の決定につながったとみている。KDPイ ンベストメント・アドバイザーズのアナリスト、タッタロー氏は、2001年9月 の同時テロ以降、「米国資産を外国人が所有することに関して、審査が相当厳 しくなった。ハチソンはそうした傾向の犠牲者だ」と語る。

一方、STテレメディアはシンガポールに関しては安全保障上の懸念は生 じていないとして、買収計画への当局からの承認獲得に自信を示し、グローバ ル・クロッシングは「向こう数カ月のうちに」破産法の適用を外れるだろうと の見方を示した。

サンフランシスコ Tom Giles 東京 小針 章子 Akiko Kobari --*(813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE