米デュポン1-3月期決算:純益5億3500万ドル、16%増収で黒字転換

米化学2 位のデュポンが29日発表した第1四半期(1-3月)決算は、5億3500万ド ルの純益と、前年同期の24億7000万ドルの赤字から黒字に転換した。売上高 は71億9000万ドルと16%増えた。

1-3月期の1株当たり利益は53セント。前年同期は1株当たり2ドル48 セントの損失だった。ことし1-3月期は、殺菌剤をめぐる訴訟に絡むコスト と会計方法の変更が、1株当たり計8セントの利益押し下げ要因となった。こ れら要因を除く、1株当たり利益は61セントで、同基準に基づく調査会社トム ソン・フィナンシャルのアナリスト予想中央値(54セント)を上回った。

同社は、コスト削減や不採算部門の売却を通じて、収益率の高い部門に経 営資源を注力している。1-3月期は、農業製品部門をはじめ、すべての部門 が利益に貢献した。

1-3月期決算は29日の取引開始前に発表された。取引開始後、デュポン の株価は上昇して寄り付いている。ニューヨーク時間午前10時12分現在、前 日比78セント(1.9%)高の42ドル51セント。

プリンストン  Juliann Walsh

ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai --* (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE