米証券大手10社:総額14億ドル支払いで米当局と和解-利益相反問題

シティグループやクレディ・ スイス・ファースト・ボストンなど米証券大手10社は28日、アナリストの株 式調査の利益相反問題をめぐり、総額14億ドルを支払うことで米金融当局と和 解した。米証券取引委員会(SEC)のドナルドソン委員長やニューヨーク州 のスピッツァー司法長官などがワシントンで記者会見し、正式発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。