新潟県:東電原発問題で近々3者会談-国の安全宣言で知事、市長、村長

東京電力の原子力発電所の再稼働問 題で立地点の1つである新潟県は、知事、市長、村長による3者会談を近々開 催して、再稼働を認めるかどうかを議論する。国が県内の柏崎刈羽原発6号機 について安全宣言をしたことで、地元としての立場をまとめる。刈羽村の塚田 恭一・企画広報課長が語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。