日野自:下期純利益85%減、販売増だが評価損発生-今期3.2倍予想

トヨタ自動車子会社で国内トラック 最大手の日野自動車の下期連結純利益は、前年同期に比べて85%減少した。東 南アジアを中心とする海外でトラック・バス販売を伸ばしたが、日本株低迷に より保有株式で評価損が発生して利益を圧迫した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。