石連会長:イラク戦争などでプレミアム付加、原油20ドル程度を期待

石油輸出国機構(OPEC)臨時総会で、日 量200万バレルの減産で合意したことを受けて、石油連盟の岡部敬一郎会長(コスモ石 油会長兼社長)は25日、「OPECの迅速な対応により、不需要期である第2四半期に おいても、大幅な原油価格の下落は生じないものと思われる」と、一定の評価を示すコメ ントを発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。